デトロイト暴動に起きた「戦慄の一夜」は何が起きたのか? 映画『デトロイト』衝撃映像

デトロイト暴動に起きた「戦慄の一夜」は何が起きたのか? 映画『デトロイト』衝撃映像


女性初のアカデミー賞監督賞に輝いた『ハート・ロッカー』で、観客を主人公と共にイラクの地に、作品賞を始め5部門にノミネートされた『ゼロ・ダーク・サーティ』では、オサマ・ビンラディンのアジトの中へと潜入させたキャスリン・ビグロー監督最新作『デトロイト』が2018年1月26日(金)より全国公開される。

徹底したリアルな描写による圧巻の臨場感、先が読めない骨太でスリリングなストーリーテリングで、常に観客を圧倒してきたビグロー監督が新たに挑む5年ぶり待望の最新作は、1967年に起きたアメリカ史上最大級の<デトロイト暴動>を背景に、連日の暴動で街が戦場と化すなかで起きた “戦慄の一夜”の事件を描く衝撃作だ。

今回、1967年に起こったアメリカ史上最大級の暴動発生時の状況と現在のデトロイトを伝える、衝撃の特別映像が解禁となった。

1967年、自動車産業で栄えたデトロイトは、アメリカ5番目の都市として繁栄していた。180万人が暮らす文化の街は音楽も盛んで、モータウン・レコードの発祥の地としても知られる。だが、この繁栄の裏には、巨大な闇が眠っていた。アメリカは世界からの移民たちの集う国だ。しかし、第一次世界大戦後、移民が激減する。デトロイトも同様で、労働力が不足した自動車産業界は、労働力を南部の黒人たちに求めた。だが、人種差別が蔓延し、低所得者である黒人労働者との格差社会は改善されず、黒人たちの居住区は西部の限られた地域に集中した。日々の不満が積み重なり、いつ爆発してもおかしくない状況がデトロイトを覆っていた。
1967年7月23日の深夜、デトロイト市警が、ベトナム帰還兵を祝うパーティーが行われていた酒場で強引な手入れを行った。黒人への不当な捜査に地元住民たちが反発したことをきっかけに、大規模な略奪、放火、銃撃が各地で勃発する。警察だけでは対処できないこの非常事態にミシガン州は軍隊を投入、遂には連邦軍空挺部隊が展開するに至り、デトロイトの街は戦場と化した。市の秩序は5日間に渡って崩壊し、死者は43名、逮捕者は約7000名に及ぶ、アメリカ史上最大級の暴動となった。

映像は、暴動勃発当時のデトロイトをとらえた衝撃の報道映像で幕を開ける。暴動が激化し、立入禁止になった街の西側150ブロックにわたる地域が炎上する。街路でパトカーに石を投げつける黒人たちの姿に重なり、「1967年当時黒人は差別され、地位の低い職にしか就けなかった」と元デトロイト警察署長のアイク・マッキノンが証言する。本編に実名で登場し、『スター・ウォーズ』新シリーズのジョン・ボイエガが演じるメルヴィン・ディスミュークスは「見えない人種差別があった」と回想する。「当時の警官は殆どが白人だった」という現在のデトロイト警察署長ジェームズ・グレイグのコメントの通り、1967年当時、街を守る警官は実に98%が白人だった。
暴動発生から3日目の夜、銃声の報を受けて、デトロイト市警とミシガン州兵がアルジェ・モーテルに急行する。密室と化した室内で、ウィル・ポールターが演じる差別主義者の警官クラウスが、銃を手に「全員を容疑者と見なす」と宣言。偶然ホテルに居合わせた若者たちに対する暴力的な強制尋問が開始されようとしていた。
全米史上3番目の〈デトロイト暴動〉の最中に起こった“戦慄の一夜”とは。そこで一体何が起こったのか。歴史の闇に封印されていた禁断の真実が、50年の時を越えて今、明らかになろうとしている。

『デトロイト』は1月26日(金)より全国ロードショー


(C)2017 SHEPARD DOG, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.