トップスケーター・堀米雄斗がラストを飾るBlindのショートビデオ『For Days』

トップスケーター・堀米雄斗がラストを飾るBlindのショートビデオ『For Days』


今年は優勝賞金がおよそ1500万円にも及ぶ世界最高峰のコンテスト「STREET LEAGUE」にて上位入賞を果たし、日本のみならず全世界から注目を浴びる存在となったトップスケーター・堀米雄斗。そんな彼が在籍するデッキカンパニー<Blind>より、最新ビデオ『For Days』が公開された。

トランジションと呼ばれる湾曲した滑走面を得意とするサム・バケットを皮切りに、緻密なボードコントロールに定評のあるコディー・マッケンタイア、腰の据わったテクニカルなライディングを披露するセワ・クロエコフ、アメリカでは堀米の兄貴分として生活を共にしているミッキー・パパ、さらにはベテランのモーガン・スミスやケビン・ロマー、TJ・ロジャースと、錚々たるライダーが名を連ねる中、堀米はなんとラストを飾っている。

本来スケートボードのビデオ作品でラストを飾るライダーというのは、ブランドのエースや一番人気のライダーであることが多く、コアなスケートボーダーでなくとも知っているほどのネームバリューを持っているスケーターが努めることも多い。このことからも、彼に対するブランドのからの期待の高さがうかがい知れるだろう。

日本人として金字塔を打ち立てた堀米雄斗の並外れた高難度のトリックをどうぞ。

YUTO HORIGOME - Recruited

http://theberrics.com/yuto-horigome-recruit/

The early '90s signified the biggest change skateboarding has ever gone through and became the defining principle of what it meant to skateboard. Since then, the pros of the early 90s have managed to rule over skateboarding since they turned it into what it is today. In the early 2000s a few new faces had emerged but still, the ruling pros, the ones who became the owners of companies, the people who say how things are, the people who say who is going to be what, the now establishment, are still those young guys who turned skateboarding on its head over 20 years ago. The chokehold my generation has had for all this time, however, is now slowly starting to loosen its grip on the throat of all those people who dream of coming up and taking their places. It's happening, the new faces are emerging more than the old ones are sticking around. It's an exciting time, some may be bittersweet, but the clock cannot be stopped from ticking. Our hope is that our Recruits someday, maybe 20 years from now, face the same challenges every generation faces with the influx of new faces and talent who do things we only dreamed of. —sb