映画『ブレードランナー』絶賛評や高評価連発!「オスカーにふさわしい」「新たな傑作」

映画『ブレードランナー』絶賛評や高評価連発!「オスカーにふさわしい」「新たな傑作」


SF映画の金字塔として、公開後35年にわたり語り継がれる「ブレードランナー」(82)。その続編となる「ブレードランナー 2049」が10月6日(金)に全米4,058館で公開され、公開週末で興行収入約3,275万ドル(約36.9億円、1ドル=112.7円換算/10/10現在)の成績を収め、全米初登場1位に輝いた。

公開直前まで、その内容はベールに包まれたままでしたが、世界中のファンや批評家たちは、独自の推論を展開してストーリーや映画の“秘密”を解き明かそうと盛り上がりを見せ、“ブレラン”熱はヒートアップ!
そして全米公開直前に、ついにマスコミ向けの公式試写が行われ、その試写に参加しいち早く映画を鑑賞した批評家たちは、圧倒的な世界観への驚きとともに、「前作を越えた!」「オスカーにふさわしい作品!」と惜しみない絶賛の声が送られている。
その評価の高さはSNSや各レビューで世界中に広まり、映画批評サイトのロッテントマトでは88%(10/10現在)、観客の出口調査シネマスコアは「A-」と、いずれも高評価。ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が新たなる「SF映画の最高傑作」(バラエティ誌)を生み出したと、各国から賛辞が送られている。

アメリカ以外の海外では、すでに45の国と地域で初登場No.1オープニングを達成。海外累計興行収入は5,020万ドル(約56.6億円)を突破し、特にイギリスでは週末で800万ドル(約9億円)という好成績のスタート。このあと、10/12に韓国、10/27に日本、11/10に中国と、主要マーケットでの公開も控えており、更なる興行成績が期待されている。

ストーリーラインは、2049年、貧困と病気が蔓延するカリフォルニア。人間と見分けのつかない《レプリカント(人造人間)》が労働力として製造され、人間社会と危うい共存関係を保っていた。危険な《レプリカント》を取り締まる捜査官は《ブレードランナー》と呼ばれ、2つの社会の均衡と秩序を守っていた―。
LA市警の〈ブレードランナー〉“K”(R・ゴズリング)は、ある事件の捜査中に、《レプリカント》開発に力を注ぐウォレス社の【巨大な陰謀】を知ると共に、その闇を暴く鍵となる男にたどり着く。彼は、かつて優秀な〈ブレードランナー〉として活躍していたが、ある女性レプリカントと共に忽然と姿を消し、30年間行方不明になっていた男、デッカード(H・フォード)だった。いったい彼は何を知ってしまったのか?デッカードが命をかけて守り続けてきた<秘密>──人間と《レプリカント》、2つの世界の秩序を崩壊させ、人類存亡に関わる<真実>が今、明かされようとしている。

『ブレードランナー 2049』10月27日(金)全国ロードショー