ストリートファイターが、プロ格闘家にケンカを売ると実際どうなるか?

ストリートファイターが、プロ格闘家にケンカを売ると実際どうなるか?


街のケンカ番長が、プロの格闘家とケンカをしてぶっ飛ばされる―。
日本の格闘モノのマンガの第一話で出てきそうな話だが、海外で「ケンカ野郎がMMAファイターに挑んでみた」という動画が公開、その結果に納得の声が上がっている。

https://youtu.be/XbiikpsCcWo

白シャツのド素人ケンカ自慢メーンと黒いシャツのMMAファイターがオクタゴンで対決しているこの映像。意外にステップを踏んだりケンカ野郎もUFCとかMMAは見ているのでしょう、序盤は強気に詰めるシーンも・・・当然MMAファイターの方は余裕があるのでローを飛ばしたり余裕の構え。
ケンカ野郎もスイッチングしてみたりそれっぽくはやってみますが、本気じゃないハイキック、前蹴りを避けるのがやっとという様子。それでも強気で前に出てくるとMMAファイターのミルコ・クロコップばりの右ハイキックで終了。ケンカ野郎は哀れ、後ろにエグい感じで倒れてKOされてしまった。

腕っぷしに自信があるとはいえやはり普段から鍛えテクニックを磨き続けているファイターと、街のケンカ野郎では「レベ~ルが違うんだよ!」と言わざろう得ない。K-1やRIZINを見てテレビの前で「これくらいなら俺もできる」と言っている、自称腕自慢も考えなおす良い機会になる映像である。