全世界震撼!『IT/イット』が怖すぎると社会現象に ホラー映画史上NO.1の記録を叩き出す

全世界震撼!『IT/イット』が怖すぎると社会現象に ホラー映画史上NO.1の記録を叩き出す


全米4,103スクリーンで9月8日(金)に封切られた『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』が海外映画評も軒並み高評価で話題沸騰、世界各国で社会現象となっている。

オープニングの週末で1億1700万ドル(126億3600円:1ドル108円で換算)超絶大ヒットでスタート。たたき出した数字は今まで『パラノーマル・アクティビティ3』の持っていたホラー映画のオープニング記録の2倍以上を記録。ホラー映画史上NO.1の記録を打ち立てた。さらに、2017年公開の映画では『美女と野獣』『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス』に次ぐ第3位の大ヒットを記録している。
また、全米のみならず、すでに46の国と地域で公開され、イギリス、ブラジル、ロシア、オーストラリア、オランダなどでホラー映画の新記録を樹立すると共に軒並みチャートの1位を獲得している。

世界中で話題となっているだけでなく作品の評価も高い。海外映画レビューサイトRotten Tomatoesでは批評家87%、観客89%からFRESHの評価を獲得(日本時間9/11日AM8:00時点)しているほか下記の通り、評論家からも絶賛されている。

・アンディ・ムスキエティはスマートで、したたるようなR指定の悪意を持った監督だ。『IT/イット』は単なるピエロの悪夢だと思ったら大間違い。(PLAYBOY)

・“それ”はまじでやばい。(ROLLING STONE)

・ここ数年で最高の、最も興奮するスリル満載のホラー映画。(CINEMA BLEND)

・ノスタルジックな感情に訴える部分と髪が逆立つ映像が実に秀逸に融合され、さらに大きなスクリーンでしか味わえないパンチの利いたデジタルマジック・・・本作は全く新しい映画だ。(The New York Times)

・最大の強みはペニーワイズ。本作ではスカルスガルドが事あるごとに嘲笑したり眉毛を動かしたりしてその役を見事に演じている。(Indiewire)

・かなり上質にできているダークな『スタンド・バイ・ミー』。友達が少ない7人の少年達が自転車を乗り回し、共に不安を乗り越えていくノスタルジックな成長物語。(Entertainment Weekly)

ホラー映画に厳しい評価を下すことが多いメディア、評論家たちからも絶賛の声が多数あがっており社会現象にまで発展している。監督のアンディ・ムスキエティは「MAMA」で監督を務め、頭角を現した俊英。メジャー作品1作品目にして、快挙を成し遂げた。

『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』は11月3日(金・祝)丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国ロードショー

(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

関連するキーワード


IT/イット