『クリード』続編で復活か ドルフ・ラングレン、“殺人マシーン”ドラゴ健在!

『クリード』続編で復活か ドルフ・ラングレン、“殺人マシーン”ドラゴ健在!


大ヒットを記録した『ロッキー』シリーズのスピンオフ続編『クリード2』で復活するのでは? とい噂のドルフ・ラングレンが、ついにトレーニング動画を公開した。

Getting ready for something big! @officialslystallone #Creed2 #IvanDrago

Dolph Lundgrenさん(@dolphlundgren)がシェアした投稿 -

身長198cm・体重約100キロという身体から繰り出されるパンチは、見るからに強力で重そう。ラングレンは今年還暦(1957年生)を迎えるが、動画を見る限り“殺人マシーン”ドラゴは健在のようだ。

ラングレンが『ロッキー4』で演じたイワン・ドラゴはソ連の残虐なボクサー。ロッキーの宿敵であり親友のアポロを試合中に殺害してしまうという役で、同シリーズ中でも強烈な印象を残すキャラクターである。

https://www.youtube.com/watch?v=bbVqciFRioA

クランクイン間近という『クリード2』には、そのドラゴの息子が登場するのでは? という噂が囁かれている。主人公クリードはドラゴとの試合で命を落としたアポロの息子であり、おそらくドラゴの息子か弟子と宿命の対決を繰り広げるのでは……というのが大方の予想だ。

同シリーズのストーリーの原型はスタローン本人が発案しており、続編でも引き続きライアン・クーグラーとアーロン・コヴィントンが脚本を担当。『ロッキー4』を振り返る内容になるのはもちろん、若き日のロッキー、アポロ、そしてドラゴの姿も描かれるのではないかと期待されている。

運命が結びつけた三者と、次世代を担う若者たち。その物語がどのような結末を迎えるのか、今から楽しみだ。

https://www.youtube.com/watch?v=ztXTHdJi02Q

関連するキーワード


ロッキー