ドービング違反のブロック・レスナー、UFCに再び復帰か?

ドービング違反のブロック・レスナー、UFCに再び復帰か?


現在WWEと契約しているブロック・レスナーに再びUFCに復帰の噂が浮上している。総合格闘技への復帰が実現すると早ければ、11月にUFCが開催するNY、マジソン・スクエア・ガーデン大会に出場する可能性が高そうだ。

レスナーは昨年7月にマーク・ハントに対戦し勝利(後にノーコンテスト)、その後パフォーマンスを向上させるドービングを使用した疑いから1年間の出場停止処分となっており、MMAからの引退を示唆していた。今月がペナルティ期間の最終月となるが、その間に再度のドラックテストを要求した期間などを含めると2017年の後半ないし2018年の復帰が可能となる。出場には再度の検査が必要となる模様だ。

今年4月に「レッスルマニア33」でゴールドバーグからWWEユニバーサル王座を奪取したレスナー。これまでもプロレスと並行してUFCにも参戦しており契約上の問題などはなさそうだが、UFC側もチャンピオンのスティーペ・ミオシッチ一強状態のベビー級へのテコ入れや、11月のMSG大会での目玉としてレスナーを招聘したいという思惑もあるようだ。

https://youtu.be/7D1Rx610tdE

関連するキーワード


ブロック・レスナー UFC WWE