シャキール・オニールが選ぶ「NBA爆笑珍プレー集」 MVPはアイツだ!

シャキール・オニールが選ぶ「NBA爆笑珍プレー集」 MVPはアイツだ!


2011年より米ケーブルTV局<TNT>のNBA放送で、シャックことシャキール・オニールが主催するコーナーが始まった。その名も「Shaqtin' a Fool」という同コーナーでは、シーズン中の様々な珍場面の中から、選手、監督、マスコット問わずアリーナで起きているすべてがターゲットとなる。

毎週5つの珍プレイや映像が選ばれ、TNTのNBA放送に出演しているシャックやチャールズ・バークレー、その他ゲストや出演者にいじられまくる……という、いわゆる珍プレー企画だ。その中から、今シーズンのTOP5に選ばれたプレイがこちら。

Shaqtin a Fool: 2016-17 Season Finale Part 2 - Top 5

https://youtu.be/RSRh3NtDjbc

Shaqtin' A Fool counts down the top Shaqtin' moments from the 2016-217 NBA Season.

得意の3Pシュートを放ったのは、シャーロット・ホーネッツのケンバ・ウォーカー。ボールの軌道からリングに吸い込まれると信じ切ったウォーカーは腰をクネクネさせるパフォーマンスを始めるが、カメラはリングから嫌われたボールを見逃さなかった。本人もアリーナの反応で早とちりに気付き思わず照れ笑いするが、コーチは小さい声で「オーマイG……」と漏らしている。

ボストン・セルティックスのマーカス・スマートは、背後からステフィン・カリーのシュートをブロックしようと走りこんだものの、カリーが急に方向転換! 勢い余ったスマートは、そのままチームメイトのアイザイア・トーマスに馬乗りしてしまった。これには相手のカリーも「何やってんだ!?」とでも言いたげな表情だ。

ヒューストン・ロケッツのサム・デッカーは、絶賛売り出し中の若手。そんな彼に、NBA選手にとって最大の見せ場であるワンマン速攻のシチュエーションが訪れた。得意の身体能力を生かし、豪快なダンクをお見舞いしようと踏切を始めようとした……ところ、足元がフラついて転んでしまい、さらには顔面にボールがぶつかり相手ボールに。会場中の視線が集まっていただけに、なんとも恥ずかしい瞬間だった。

クリーブランド・キャバリアーズのJ・R・スミスは、とにかくディフェンスを頑張る男。この日もチームのためにディフェンスで貢献……したかったが、どフリーでダンクを決められてしまう。あまりにも不思議なこのプレイをリプレイで見てみると、なんと相手チームのジェイソン・テリーと挨拶を交わしていた……。NBAでも先輩への挨拶は試合中でも拒むことが出来ないようだ。

こんな思わず笑ってしまうプレイの数々から、2016/17シーズンの<Shaqtin' a Fool’s MVP>が決定した。

Shaqtin a Fool: 2016-17 Season Finale Part 2 - Westbrook Named MVP

https://youtu.be/8eLYQeB5UEk

Russell Westbrook finished with a historic 2016-2017 season but that didn't keep him from making Shaqtin' A Fool and being named this year's Shaqtin' MVP.

今回のMVPに選ばれたのは、オクラホマシティ・サンダーのラッセル・ウエストブルック。
彼は今年、シーズン平均トリプルダブルというMVP並の活躍を見せていたが、ユーモアのほうでも光ってしまったようだ。

ウエストブルックは対ウォリアーズ戦で、あまりにも分かりやすいルール違反をしてしまった。去年までの相棒、ケビン・デュラントがいるゴールデンステート・ウォリアーズ相手ということで、いつも以上にヒートアップしてしまったのか、チームメイトへ熱心に指示を出しながらボールを持って1歩、2歩……ここでドリブルを始めなければならなかったのだが、本人はすっかり忘れていたようで、3歩、4歩、5歩まで歩いたところで笛が鳴った。

通常、NBAでは得点に影響を与えないトラベリングは笛を吹かれないのだが、あまりにもあからさまな“違反”を犯したということで、さすがに吹かざるを得なかったようだ。

NBAの“本当の”MVP最終候補3人にも選ばれているウエストブルック。今年、色々な意味で観客を楽しませた彼は、MVPのダブル受賞となるか? 2016/17シーズンMVPは現地時間6月26日に発表される。

関連するキーワード


シャキール・オニール NBA