脅威のパンチ!ボクシング世界ヘビー級王者がパンチングマシンに挑戦したら?

脅威のパンチ!ボクシング世界ヘビー級王者がパンチングマシンに挑戦したら?


ボクシング世界ヘビー級チャンピオンのアンソニー・ジョシュアが、テレビ番組でパンチングマシンに挑戦。常人とは桁違いのパンチ力を見せつけた。

イギリス出身のプロボクサー、アンソニー・ジョシュア(27)は、2012年ロンドンオリンピックのスーパーヘビー級で金メダルを獲得した後、WBF・IBF世界ヘビー級スーパー王者となったスター選手だ。

2017年4月末に英ロンドンで行われた世界ヘビー級タイトルマッチでは、元WBA・IBF・WBO世界ヘビー級スーパー王者のウラジミール・クリチコとの新旧対決に勝利。19戦全KO勝ちを決め、「ヘビー級新時代の到来」「ボクシング界に新スター誕生」などと注目を集めている。

そんなアンソニーが、2017年6月に英<BBC>の人気トーク番組『グラハム・ノートン・ショー(Graham Norton Show)』に出演。他のゲストからのリクエストにより、パンチングマシンに挑戦することになった。

スタジオに、ゲームセンターなどでよく見るパンチングマシンが用意されると、やる気満々で着ていたジャケットを脱いだアンソニー。シャツの上からでもマッチョぶりが見て取れる、見事な肉体だ。

そして、まずは映画『ナイロビの蜂』でアカデミー賞助演女優賞を受賞した女優レイチェル・ワイズがハイヒールを脱ぎ捨てて初挑戦! 続いて『シャーロック』『ホビット』でお馴染みのマーティン・フリーマンが、共に意外なパンチ力を見せつける。そして、身長2メートル超えのコメディアン/俳優グレッグ・デイビーズも猛烈なパンチを披露した。

さらに司会のグラハム・ノートンの挑戦を見守ったアンソニーが、満を持してパンチングマシンの前に。コンパクトに腰の回転だけで超強力なパンチを繰り出し、848という驚異のスコアを叩き出してみせた。

男性陣は、マーティンが594、グレッグが632というスコアを出していることからも、やはりその差は歴然。アンソニーはかなり手加減していたようにも見えるが、それでもチャンピオンの実力を見せつける結果になった。

ちなみに彼は、今回のテレビ出演についてSNSで事前告知していたが、この日のスタジオトークやパンチングマシン企画をリラックスしながら楽しんだ模様。ボクシング界の新たなスーパースターに最も近い存在と言われるアンソニーの活躍から、今後も目が離せない。

関連するキーワード


ボクシング