デッカード登場!SF映画史上最高傑作「ブレードランナー」続編『ブレードランナー 2049』予告編

デッカード登場!SF映画史上最高傑作「ブレードランナー」続編『ブレードランナー 2049』予告編


SF映画史上最高の傑作として公開後30年以上ものあいだ語り継がれるリドリー・スコット監督の『ブレードランナー』(1982年)。全世界が注目するその続編『ブレードランナー 2049』から初映像が全世界で解禁となった。

「レプリカントが機械なら問題ない。反抗しなければね。」
オリジナル作品の舞台である2019年から30年後の2049年の世界が『ブレードランナー 2049』の舞台。予告編の冒頭では、オリジナル版に存在するデッカードの台詞から幕を開ける。
彼はかつて、まるで人間とは見分けのつかない“レプリカント”の反逆を阻止するために結成された捜査官 “ブレードランナー”の一員であったが、あれから30年の時を経た。ライアン・ゴズリング扮する新人捜査官の男に「俺はかつて有能だった」と語るが、今はいったい何者なのか?今回ライアン・ゴズリング扮する男が対峙している2049年の世界はどのようなものなのか?今回の予告編の映像からは荒廃した世界も垣間見える。砂漠に横たわる像は何を意味するのだろうか。

ハリソン・フォードが前作の主人公リック・デッカード役を再び演じるほか、主演は「ブルーバレンタイン」「ドライヴ」などの演技で高い評価を得るライアン・ゴズリング。新作「ラ・ラ・ランド」はオスカーの呼び声も高い。
監督を務めるのは『プリズナーズ』『ボーダーライン』などでその才能が高く評価されているドゥニ・ヴィルヌーヴ。新作『メッセージ』が全米で11月に公開され、連日の賞レースでも続々とノミネートを果たしている今最も注目されている監督の一人だ。製作総指揮にリドリー・スコットを迎えており、ハリウッドが最も注目するタッグとなっている。

『ブレードランナー 2049』2017年11月 全国ロードショー