100人のメディア関係者が選ぶ「NBA最強チーム2017」 “キング”レブロンが歴代最多選出

100人のメディア関係者が選ぶ「NBA最強チーム2017」 “キング”レブロンが歴代最多選出


<NBAオールファーストチーム>とは、100人のメディア関係者による投票で今年最も活躍した5人を、センターから1人、フォワードから2人、ガードから2人を選出して、最強のチームを作ろうという賞だ。

今年選ばれたのは、レブロン・ジェームズ(クリーブランド・キャバリアーズ)、カワイ・レナード(サンアントニオ・スパーズ)、ラッセル・ウエストブルック(オクラホマシティ・サンダー)、ジェームス・ハーデン(ヒューストン・ロケッツ)、アンソニー・デイビス(ニューオーリンズ・ペリカンズ)の5人。

その中でも“キング”ことレブロンの通算11回目のファーストチーム選出という記録に注目したい。これは歴代1位に並ぶ回数で、過去にコービー・ブライアントとカール・マローンが記録している。

レブロンは、ここ13シーズン連続してオールNBAチームに選出(ファースト11回、セカンド2回)。今シーズンは自身が持つ年間平均25.0得点以上の連続記録を13シーズンに更新した。さらに現在、最年少得点記録をことごとく塗り替え続けている。

また、2017シーズン終了時点の総得点が28,787を記録しており、このままのペースでいくと、あと2年でコービーの記録を抜いて歴代3位となり、5年で歴代最多得点に届くだろう。

レブロンの武器は多彩だ。鋼のような肉体でどんな相手にも力負けしないし、アウトサイドでも高確率のシュートを放ち、少しでもクイックネスの劣る相手であればドライブで切り込む。ディフェンスが集まれば、ガードのような視野の広さでパスも捌ける。

ディフェンスでも評価は高く、1対1のディフェンスでは相手エースを抑え、相手の速攻時には後ろから追いかけてブロックをする“チェイスダウン”を得意としている。

史上最高のオールラウンダーはどこまで突き進むだろうか。

関連するキーワード


NBA レブロン・ジェームズ