「オアシスは再び世界を変える」ギャラガー兄弟が製作総指揮『オアシス:スーパーソニック』

「オアシスは再び世界を変える」ギャラガー兄弟が製作総指揮『オアシス:スーパーソニック』


『オアシス:スーパーソニック』は、リアム&ノエル・ギャラガーが製作総指揮を務め、バンド結成から96年8月に25万人を集めた伝説のネブワース・ライヴまでの軌跡を描くオアシス初の長編ドキュメンタリー。製作には、アカデミー賞最優秀ドキュメンタリー賞に輝いた『AMY エイミー』のスタッフが結集した。

映画の冒頭と最後を飾り、ファン固唾の最大の見どころ(聴きどころ)となるのが、伝説のネブワース・ライヴの映像だ。25万人の観客と一体化しオアシスのパフォーマンスの熱狂が伝わってくる。ライヴでは、セカンドアルバム「モーニング・グローリー」(オアシス史上最高のセールスを記録したアルバム)に収録されている名曲「シャンペン・スーパーノヴァ」がフィーチャーされている。

フィルムメーカーたちの貴重な証言を紹介しよう。
「オアシスというバンドの歴史において特別で二度と繰り返すことのできない期間というのはネブワース・ライヴまでの3年間なんじゃないかと思う」と語るのは本作の監督マット・ホワイトクロス。「このプロジェクトは僕にとって、当時へと時空旅行するような感じなんだ。バンドが輝きを放った、二度と戻ってこないあの当時の感覚をもう一度味わえる」。
プロデューサーのジェームズ・ゲイ=リースは、「(現在の)イギリスのポップ・カルチャーはソーシャル・メディアによって食い荒らされている。そこにはもう神秘性なんてない。いろんなものがオンラインですぐに手に入るんだ。私たちは再び、手を取り合って、その手を実際に動かす必要がある」と警鐘を鳴らす。
「ノエルは特に、次世代のバンドに向けた掛け声のような役割をこの映画に果たしてほしがっていたと思うよ。彼の態度はまるで、『公共団地出身の田舎者の俺たちがやってのけたことならお前たちにだってできる』って感じの態度なんだ。音楽業界に可能性を狭められちゃいけない。新しいバンドがこの映画を観て、物事への違ったアプローチというのを思い出してくれたらいいね。たぶん、オアシスの精神が少しでも伝われば、はみ出し者が集まった新たな集団の心に火をつけることができるんじゃないか。そしてオアシスが再び世界を変えるんだ。」と熱を込める。

本作のクライマックスのひとつとなるネブワース・ライヴは、ノエルの言葉を借りると、「インターネット誕生前の最後の、盛大な人々の集会」なのだ。その伝説の2日間が、ライヴ開催から20年の時を越えて、最高の音楽ドキュメンタリーとなって鮮烈に甦る。そして今、この映画で表現されたオアシスの精神が、再び火をつけるになるに違いない。

本編では「シャンペン・スーパーノヴァ」を始め、「ロックンロール・スター」「リヴ・フォーエヴァー」「ワンダーウォール」「モーニング・グローリー」ほかバンドの軌跡を語る上で欠かすことの出来ない名曲が20曲以上使われている。
また、映画のタイトルとなった「スーパーソニック」は、オアシスのデビューシングルのタイトルである。

『オアシス:スーパーソニック』は、12月24日(土)、角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開

(C)Ignition